埼玉よりい病院



採用情報
女性医師募集のご案内

ごあいさつ

 平成28年2月より田中秋悟先生の後任として、埼玉よりい病院の病院長に就任いたしました 里見 昭です。就任にあたりご挨拶申し上げます。埼玉医科大学病院在職中は新生児から成人に至る消化器外科を専門とし、5年間の副院長職の後、健康管理センター長を務めてきました。
 
 近年、少子超高齢化社会を迎え、医療提供体制の効率的な構築(病院の機能分化と連携など)の必要性や経済成長の停滞による医療費の抑制など、医療をとりまく環境は厳しく、先の見えない時代に入りました。高齢者は特徴的な疾病構造を有し、医療に加え介護も必要とすることから、平成26年度診療報酬改定では地域包括医療システムの構築の急務が重視されました。即ち、「治す医療」から「治し支える医療」を必要とする患者さんが増えてきています。
 寄居地区は県内でいち早く、高齢化が進んでいる地域のひとつです。地域の信頼に応えるには、外来・入院医療だけでなく、予防、保険、医療、在宅・介護を含めた包括的な取り組みが急務と考えます。

 当院の理念は、下記の通りです。

【病院理念】
 病める人を第一に考える病院であり続ける

【基本理念】

  1. 患者様が納得し、満足する医療を提供する
  2. 質の高い医療を目指して、全職員が日々研鑽に励む
  3. 心の通う医療提供を通じて、地域社会に貢献する

 医療ニーズは時代と共に変化します。これからも理念に沿って、地域環境(ニーズ)の変化を見据えた医療を提供していきます。
 「患者さんを救うために誠意をもって最善を尽くす。手には技術、頭には知識、心には愛を!」を実践し、地域に信頼される病院になるために、病院長として全力で努めてまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

 

病院長 里見 昭

病院長 里見 昭

経歴
昭和46年 3月
広島大学医学部 卒業
昭和46年 5月
武蔵野赤十字病院 研修医
昭和48年 4月
武蔵野赤十字病院 外科 医員
昭和51年 3月
武蔵野赤十字病院 外科 副部長
昭和51年 7月
埼玉医科大学 第二外科 助手
昭和54年10月
静岡県立こども病院 新生児外科
昭和56年 1月
埼玉医科大学 第二外科 講師
昭和58年 4月
琉球大学医学部 助手
昭和59年 3月
琉球大学医学部 講師
昭和59年 4月
埼玉医科大学 第二外科 助教授
平成6年 7月
埼玉医科大学病院 小児外科 診療科長
平成8年12月
埼玉医科大学 小児外科 教授
平成19年 4月
埼玉医科大学病院 副院長(保険診療・予算管理)
平成22年 7月
埼玉医科大学 評議員
平成24年 4月
埼玉医科大学 健康管理センター センター長(特任教授)
平成24年 7月
埼玉医科大学 名誉教授
平成28年 2月
特定医療法人 俊仁会 埼玉よりい病院 病院長
 
ページの先頭へ