俊仁会について

採用情報
女性医師募集のご案内


トップページ俊仁会について理念

基本理念

安心する患者様と家族
安心する利用者様と家族
地域の求める一流の医療と福祉の実現
職員を大切にする経営姿勢

 

目的と歩み

 「特定医療法人 俊仁会」(以下、当法人と略す)は、地域医療に貢献するために、井上敏克により、昭和59年9月に有床診療所(名称:秩父第一診療所)として現在の「秩父第一病院」の外来棟、手術室及び一般急性期病棟19床と回復室(本館病棟)を前身として、埼玉県北西部の自然に恵まれた秩父市中村町の地に発祥いたしました。

 昭和63年5月に地域の救急医療から老人医療まで貢献すべく84床を増床し、個人病院(名称:秩父第一病院)として生まれ変わり、平成7年4月には地域の救急、一般医療、老人医療福祉に加え、在宅医療福祉に貢献するために「安心する患者様(利用者様)と家族」を基本理念として法人(医療法人社団 秩父第一病院)となりました。さらに、地域のニーズに応えるため、平成10年2月には埼玉医科大学の支援を受け、人工透析室も併設いたしております。

 そして、少子高齢化時代の到来を考え、平成12年より実施の介護保険制度を支える施設として、介護老人保健施設「うらら」を平成10年11月に併設いたしました。平成13年4月には県立寄居こども病院を継承して新たに寄居第一病院を開設し、法人名を医療法人 俊仁会に改称しました。また、平成15年5月より、寄居第一病院を「埼玉よりい病院」へ名称変更し、増床移設を行い開設しました。さらに、寄居町より運営の委託を受け、寄居第一病院(旧県立寄居こども病院)の跡施設を改修して、平成16年10月に介護老人保健施設「やまざくら」を開設いたしました。

 当法人は、二次医療機関として地域の救急医療から一般医療を支えるとともに、病診・病病連携を強力に推進するために、三次医療機関である埼玉医科大学と連携しております。また、保健・医療・福祉を統合した総合サービスを地域の方々に提供することを目的としております。

特定医療法人 俊仁会

 

ページの先頭へ