秩父第一病院


秩父第一病院のブログ
採用情報
女性医師募集のご案内

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」に登場する秩父第一病院


医師 N
貴重な体験でした

アニメはほとんど観ないのですが、公開前に目にした馴染み深い秩父橋のポスターなどが気に掛かり、初回何気なくテレビのスイッチを・・。
結局、最終回まで全て楽しませてもうことになりました。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、秩父が舞台であるかどうかにかかわらず、とても良い作品だったと思います。
でも、オープニングで当院の屋外サインを見たときは驚愕しました。
正直、うれしかったです。(笑)
回を追うごとに、病室のドアを開けて、私が出てくるのではないかと、ドキドキするようになりました。

それは冗談ですが・・(笑)
この作品で、忙しい日常にまぎれて、住んでいながら気が付かなかった秩父の美しさ、楽しさ、おもしろさを再発見させてもらいました。

そういった感動を、地元のみなさんと共有できたことが、この地域を担当する医師として、とてもうれしく、貴重な体験であったと感じております。

 

*以下は、思いっきりネタバレありますのでご注意ください。

看護師
はなみずき ありさ

ハナミズキの花言葉

それは、“私の思いを受け取って”です。
何げに調べたのですが、びっくりしました。ぶるっときました。

今もたくさんの「あの花」ファンが当院を訪れ、入口の案内板といっしょに、知ってか知らずか、私たちが「あの花ミズキ」と呼んでいるハナミズキの写真を撮っていかれます。その花言葉が・・ なんという符合? なんという運命のいたずら?・・・ちょっと違いますか?

 

当院は、じんたんのおかあさんと、めんまが約束をした場所、という設定です。
悲しい別れを予感しながら、感情を押し殺して、けなげにも涙を見せなかった幼い日のじんたん。その心の漬物石を取っ払ってあげることを、めんまは託されたのでした。

もちろん、めんまは真剣でも、相手は小学生ですから、おかあさんが本気のわけはありません。しかし息子を助けたいという思いは本物です。

“私の思いを受け取って” この花言葉は、おかあさんの声ですね。
めんまは、それをちゃんとじんたんに伝えました。

今も約束の場所に立って、元気に枝を伸ばし葉を茂らせる「あの花ミズキ」。
あの日見た花の名前は、「あの花ミズキ」。
私はそう信じます!

 


社会福祉士 H
巡礼・・ っていうんですか?

聖地と呼ばれるのはなんだか気恥ずかしいのですが、写真を撮りに来る方をずいぶん見掛けます。
先日はなんとめんまちゃんのコスプレをしている人も・・・。
話を聞くと、みなさんけっこう遠くから来られているようで、その情熱は凄いですね。

写真を撮るときに、受付に声を掛けてくれる人が多く、
マナーの良さにも感心させられます。

 

理学療法士 T

じんたんのおかあさんが入院していた部屋は? 

現在の秩父第一病院には、駐車場に面した2階・3階に個室はありません。
でも、10年くらい前は2階病棟の角に個室が2床あって、特に201号室からは病棟入口に向かって歩いてくる方や面会から帰る方に窓から手を振ることができました。実際、私はその部屋に入院して、お見舞に来てくれた友だちに手を振った経験があります。まだ、つるこのようなまじめな高校生でした。ホントです・・

部屋の中の様子は、私の記憶はおぼろげなのですが、当時を知る職員は「アニメとそっくりだった」と話しています。
これって、どういうことなのでしょうか? 謎です。

その後個室は4床部屋にリフォームされ、談話室とリハ室が隣に移動し、窓から手を振ることはできなくなりました。

 

自動販売機について

秩父第一病院病棟入口横の自動販売機には、偶然ですが「あの花」オープニングでお馴染みの「なっちゃん」と「CCレモン」があります。
余談でした♪

 

ページの先頭へ